文化

古くから交通の要衝として栄えた地域だけに、松原市内には数多くの遺跡が点在しています。農耕生活をしてきた人たちの遺跡や遺構など、古の文化を今に伝える貴重な文化財として、市民に親しまれています。

 

松原市内を走る古代からの街道、これがもたらした恩恵は計り知れません。この街道を行きかう人や物を通じて、様々な文化がこの地にも根付きました。芸能、祭り、だんじり、河内音頭もその一つです。また、地域の人々の文化水準が上がる事で、多くの農村文化が花開きました、例えば、庄屋宅が文化サロンの様相で句会や狂歌を詠む会が催されたりしました。参加者は皆地域の富農層や僧侶・神主といった人たちで、大阪の文化人との交流などもありました。それを今に伝える「布忍八景」は、当時の布忍地域の名勝を漢詩や狂歌・俳諧句で表したもので、扁額として布忍神社に奉納されたものです。現在は都市化によってその景観を見る事は出来ませんが、文化の交流を伝える貴重な文化財です。

 

農村文化の中で忘れてならないのは村相撲でしょう。現在は日本相撲協会がありますが、この団体が発足するまでは全国でその地域の相撲が執り行なわれていました。元禄時代にはこの地で相撲が興行として開催されたという記録も残っています。その後、松原近辺の広い地域でまとまって、「河内十三組」とよぶ仲間の相撲組合が組織されていました。彼ら は、大相撲のような部屋をつくり、親方や行司・呼び出しもそろえていたといわれています。この地の相撲がいかに盛んであったかは、西野々墓地、天明年間の銘のある力士の墓が最古級として現存していることや、明治の時期に活躍した力士や行司の墓が存在していることなどから、うかがい知ることが出来ます。現在では松原市出身の力士が大相撲で活躍しています。大相撲の大阪場所では、佐渡ヶ嶽部屋の皆さんが松原市内に宿舎を設けています。

 

身近なところでは民話が挙げられます。民話はその土地で生まれ、その土地で育ち、その土地のことばで暮らしや文化を後世に伝えてくれるものです。松原市のホームページにはたくさんの民話が系統立てて分類して掲載されています。人が日々の生活を営んできた積み重ね、松原にはそんな歴史遺産が豊富です。

 

 

文化 柴がき神社