商い

もともと農業を中心とした地域ですが、土地の人の気質というのでしょうか。農業をしていても気持ちは自立している人が多かったことから、農作業の傍らで作物の売り方をはじめ、いろいろと工夫を凝らしたその人なりの売り方を編み出して、それが様々な商売になっていったと言われています。それらはどれも、資本が少なくても出来るようなものだったそうですが、時代の変化に合わせて少しずつ形ややり方を変えていったようです。

 

そんな歴史的な流れを汲んでいることもあって、この松原という地域は個人商店や小さな町工場といった、数多くの中小の企業が中心となって地域を支えている、そんな土地柄です。

 

現在でも松原では従業員が1名~4名の事業所が全体の6割ほどを占めています。これは国内でも珍しい、小規模ながら特殊な形態です。業種としては卸売り、小売業、製造業が最も多く、不動産業や飲食業、福祉サービス業といった業種も数多く営業しています。

 

こういった産業の多くが、地の利を生かして松原ジャンクションという巨大施設を物流の拠点という位置づけでフルに活用しています。最近では交通の要所という利点に目をつけて、大阪市内で創業し市内の人口増加のために松原市に移転してきた企業がたくさんあります。

 

様々な地場産業を興し、特産品を開発して、地域の産業興しを行っています。

 

 

商い 海苔 商い 大阪プラモデル 商い 吉乃屋