松原市はこんなまち

松原市の人口は12万人余り、東西5.8キロメートル、南北5.1キロメートル、面積はおよそ16,7平方キロメートルと大阪府の中でも真ん中くらいの大きさで、ほぼ中央に位置していることから「大阪のヘソ」といわれています。大阪市をはじめ堺市、八尾市、藤井寺市、羽曳野市と接しており、南河内地域の玄関口にあたります。交通の便が良く、地理的には難波と飛鳥を結ぶ道の途中にあり、古くから交通の要所として栄えてきました。

 

現在では阪神高速道路、近畿自動車道、阪和自動車道、西名阪自動車道といった大動脈をつなぐ松原ジャンクションがあります。物流を生かした工場が多く、また近鉄電車(南大阪線)の4つの駅があることで、大阪の中心部に勤める人たちのベッドタウンとして発展してきました。まさに古代から現代まで、大阪の物流拠点となっています。

 

 

松原市は人を大切にするまちです。特筆すべきは、大阪府で初めて「セーフティコミュニティ」に認定された点でしょう。例えば高齢者の安全、こどもの安全、犯罪の防止などにも積極的に取り組んでいて、住む人が安心して暮らせるまちです。また次世代を支えるために子育てを応援するために、市内には9か所に子育て支援を行う施設があります。この事業が安定的に継続して行われるよう、利用ごとにポイントがたまる事業も展開中です。これ以外にも注意喚起として、リーフレットの作成と配布、安全マップの作成、高齢者の転倒防止のためにエクササイズの普及、認知症サポーターの養成など、積極的に取り組んでいます。

 

また、阪南大学のメインキャンパスがある事でも知られています。阪南大学は地元松原市を中心に社会貢献の一環として連携協定を結びんでいます。産学連携として自治体が行う生涯学習や地域のイベントにも積極的に取り組んでいます。また阪南大学はサッカー部が有名で、Jリーグに50名以上の選手を輩出しています。今、松原市は若い人たちが増えて町は活気づいています。

 

松原市域は温和な気候と住みやすい平坦な土地環境から、古くから人が住み着いてきました。農耕生活をしていた弥生時代の遺跡があることから、ため池が多いことでも知られています。もともと大阪府は現在でもため池が約11000か所あり、全国でも5番目にため池保有処です。その中心が南河内地域と泉州地域で、松原市は古くから農耕が行われていたことを裏付けるように、昭和初期日は133か所あったといわれてます。現在では諸事情により数が減りましたが、それでも市内には47か所ほどが点在しています。

 

その他にも有名な寺社が点在する歴史深い街道や文化財が残されている、とても魅力あるまちです。

 

あなたもマップ片手に、このまちを散策してみてはいかがですか?