松原の歴史文化

人が住み暮らしがあれば、そこに交流が生まれます。松原市一帯は南河内の入り口であり、人の行き来を今に伝える竹内街道や中高野街道など古い街道が8本も残っていて、街道の町という名にふさわしい地です。この一帯は古くは弥生時代以前から人の暮らしがありましたので、農耕生活の跡が上田町遺跡や河合遺跡などに残されています。

1989年に選定された「大阪みどりの100選」は、かつて大阪で開催された花と緑の博覧会を記念して一般公募で選出された、大阪府内の自然景観の名所です。この中には松原市からも、河内大塚山古墳の一帯が名を連ねています。

その大塚山古墳は古墳時代の代表的な遺跡です。これは日本全国でも5番目に大きな巨大前方後円墳で、六世紀中ごろに造られたといわれています。鎌倉時代にはこの地の豪族丹下氏が墳丘内に丹下城を築き、江戸時代には古墳内に大塚村の村落が形成されました。天満宮が祀られた歴史もありますが、大正14年に陵墓参考地となったことで、民家はすべて墳丘の外に移されました。

 

 

歴史的には5世紀の頃、河内にミヤコが置かれた時期がありました。「丹比柴籬宮」(たじひしばがきのみや)との名前が伝わっており、第18代の反正天皇が治世し、場所は松原市上田の付近とされています。現在その跡地にあるのが柴籬(しばがき)神社とされています。この時代は農耕を支えるための灌漑用水路が作られたこともあって、大規模な水田が開拓されてきました。新堂遺跡や上田町遺跡、大和川今池遺跡、河合遺跡などによってうかがい知ることができます。

地理的には難波から飛鳥へ行くための交通の要所として、多くの人が行きかう土地でした。そのため、この地は進んだ大陸文化をいち早く取り入れることができ、文化の高い地域となっていました。

南北朝時代から戦国時代にかけても、この地は歴史の表舞台に登場する機会がありました。内乱が続く時代であり、各地に砦や城が築かれています。丹下氏の築城もこの時代にあたります。

 

江戸時代にはたびたび氾濫する大和川の水害を防ぐために、大規模なつけ替え工事が行われ、新大和川が造られました。その結果豊かであった地域の一部は良田を失ったり、村が分断されたりといった事もありましたが、この時代には新田開発もされています。ただ、新田がすぐに実りをもたらすわけではなく、また川の位置が変わったことで旧河川敷の様な、田にはあまり適切でなく畑になった地もありました。新田の周辺も含めて水はけがよい場所には綿が植えられ、農家の内職として木綿の生産が始まりました。これが後にその技術を生かして、現在の松原市の地場産業のひとつである金網工業へと引き継がれます。

時代が下って明治時代になると町村制が発布され、この地域にはいくつもの村が誕生しました。松原村、天美村、布忍村、恵我村、三宅村などです。そして昭和30年の町村合併促進法によって、松原市が誕生しました。