松原名所ぶらり紀行

メインマップ
古市街道コース

北山橘庵墓
きたやまきつあんはか

北山橘庵(1731〜91)は一津屋村の医者であり、丹南藩主や狭山藩主、岸和田藩主の診察もした。漢学者・漢詩人としても有名。【一津屋】

厳島神社
いつくしまじんじゃ

濠が残り、西側が方形で、東側の本殿が円丘上に建ち、6世紀頃の前方後円墳と推察される。戦国期、三好氏の出城。市杵島姫命を祀る。【一津屋】

小川・伊勢灯籠
おがわ いせとうろう

古市街道沿いに明治2年(1869)9月、伊勢神宮へお参りする人々の道中安全のため造立。

深居神社
ふかいじんじゃ

奈良時代の養老元年(717)の創建と伝え、境内は古墳の可能性もある。品陀別名(応神天皇)を祀る。【小川】

若林神社
わかばやしじんじゃ

鎌倉時代末から南北朝時代の元弘~建武年間(1331~37)に深居神社から分祀したものと伝える。

大堀八幡神社
おおぼりはちまんじんじゃ

鎌倉時代末から南北朝時代の元弘〜建武年間(1331〜37)に深居神社から分祀したものと伝える。

熱田神社
あつたじんじゃ

社号標石の「熱田神社」は藤澤南岳の書。鳥居西側に江戸時代のキリシタン灯籠が見られる。日本武尊を祀る。【別所】

妻屋秀員墓
つまやひでかずはか

妻屋秀員墓(1682〜1765)は三宅村庄屋の家に生まれた。号を可雪とする歌人でもあり『積翠集』の歌集を残す。三宅霊園南区画。

竹内街道コース

大師堂
たいしどう

明治時代後半、岡の大師講の人々が建てた。弘法大師像・不動明王像などが堂内に祀られている。【岡】

来迎寺
らいごうじ

融通念佛宗。丹南藩主の菩提寺。初代高木正次の五輪塔がある。境内のいぶきは府天然記念物。丹南藩陣屋に隣接。

丹南天満宮
たんなんてんまんぐう

安土桃山時代の流れをくむ三間社流造の本殿は、市内でも最古級。菅原道真などを祭神とする。

緑の一里塚
みどりのいちりづか

2013年日本最古の官道である竹内街道の開設1400年を記念して立部の街道沿いに整備された。

栄久寺
えいきゅうじ

東本願寺を創始した教如が大坂合戦時、河内の門徒らに出した「教如上人消息」(市有形文化財)がある。【立部】

丹比柴籬宮跡石碑(柴籬神社)
たじひしばがきのみやあとせきひ

神社は5世紀後半、仁賢天皇の勅命で創建された。反正天皇の丹比柴籬宮の伝承地とされ、反正天皇などを祭神とする。【上田】

下高野街道コース

阿麻美許曾神社
あまみこそじんじゃ

素盞鳴命を祀る。大同年間(806〜809)の創建で、天美地区の氏神。明治初年まで神宮寺があった。延喜式内社。

我堂八幡宮
がどうはちまんぐう

厄除宮として有名。応神天皇を祀る。江戸時代から昭和初期にかけて若者が力競べをした力石が残る。

西除川遊歩道
にしよけがわゆうほどう

西除川に沿って、北は天美西公園から南は松原市民運動広場【岡】までを結ぶ約4kmの遊歩道。

布忍神社
ぬのせじんじゃ

本殿は大阪府有形文化財に指定されている。拝殿内の「布忍八景」扁額は市有形文化財。素盞鳴命を祀る。

大林寺
だいりんじ

融通念佛宗。河内西国第5番霊場である。市有形文化財の平安時代後期の十一面観音像を安置する。

更池村惣井戸
さらいけむらそういど

寛政8年(1796)の井筒があり、多聞院の5代住職龍昌の銘がある。元は西除川の河川敷に存在した。

尻池記念碑
しりいけきねんひ

昭和25年(1950)9月、ジェーン台風で河合の尻池が被害を受けた。その改修工事寛政記念碑で『北八下村河合領』とある。

河合神社
かわいじんじゃ

境内に「牛頭天王宮」と刻まれた手洗石が残る。毎年10月の秋祭りには勇壮なだんじりが町内を練り歩く。素盞鳴命を祀る。

長尾街道コース

大林寺
だいりんじ

融通念佛宗。河内西国第5番霊場である。市有形文化財の平安時代後期の十一面観音像を安置する。

布忍神社
ぬのせじんじゃ

本殿は大阪府有形文化財に指定されている。拝殿内の「布忍八景」扁額は市有形文化財。素盞鳴命を祀る。

更池村惣井戸
さらいけむらそういど

寛政8年(1796)の井筒があり、多聞院の5代住職龍昌の銘がある。元は西除川の河川敷に存在した。

田坐神社
たざじんじゃ

延喜式内社。呉織・漢織などを祀る。武内宿禰が応神天皇を抱く大絵馬がある。田井城地区の氏神。

丹比柴籬宮跡石碑(柴籬神社)
たじひしばがきのみやあとせきひ

神社は5世紀後半、仁賢天皇の勅命で創建された。反正天皇の丹比柴籬宮の伝承地とされ、反正天皇などを祭神とする。【上田】

河内大塚山古墳
かわちおおつかやまこふん

墳丘長335m、前方部幅230m、後円部直径185mを誇る全国で5番目に大きい前方後円墳。【西大塚】

中高野街道コース

屯倉神社
みやけじんじゃ

平安時代の天慶5年(942)の創建。菅原道真を祀り、道真が腰を掛けたという神形石がある。境内の梅が有名。

阿保神社
あおじんじゃ

平安前期、平城天皇皇子の阿保親王が、当地に住んだので阿保の地名がある。菅原道真、阿保親王社を祀る。

十二社権現社
じゅうにしゃごんげんしゃ

室町後期の永禄年間(1558〜69)、僧秀盛によって創建された。イザナギ・イザナミなどを祀る。【新堂】

王仁の聖堂跡
わにのせいどうあと

4世紀「論語」「千字文」を伝えた渡来人の王仁が建てたという孔子を祀る聖堂。わが国学問発祥の地として広まる。【岡】

正井殿
まさいでん

岡地区の氏神で、素盞鳴命を祀る。延宝7年(1679)の『河内鑑名所記』に、神木の「連理の松」が記されている。

栄久寺
えいきゅうじ

東本願寺を創始した教如が大坂合戦時、河内の門徒らに出した「教如上人消息」(市有形文化財)がある。【立部】

河内大塚山古墳
かわちおおつかやまこふん

墳丘長335m、前方部幅230m、後円部直径185mを誇る全国で5番目に大きい前方後円墳。【西大塚】

丹比柴籬宮跡石碑(柴籬神社)
たじひしばがきのみやあとせきひ

神社は5世紀後半、仁賢天皇の勅命で創建された。反正天皇の丹比柴籬宮の伝承地とされ、反正天皇などを祭神とする。【上田】

情報提供 : 松原の郷土を知る会/[代表] 西田孝司
画像協力 : 株式会社エム企画